お財布に優しい青汁を選ぼう!

青汁は毎日飲み続けないと効果を実感できない飲み物です。
たまに飲む程度では意味がないので毎日欠かさず飲むようにしてください。
ただ毎日飲むとなると消費スピードも早くなるのでお金がかかります。
価格が高い青汁を購入してしまうとコストパフォーマンスが悪く、経済的負担が大きくなります。
そうなってしまうと青汁どころではなくなってしまうので、お財布に優しいものを選ぶようにしましょう。
そして、安くていい青汁を購入するならネット通販がおすすめです。
ドラッグストアやホームセンターなどでも青汁を購入することはできますが種類が少ないため選択肢の狭いです。
またそういった場所で販売している青汁は原料の産地や栽培方法、含まれている成分が不透明というケースが多いです。
そのため、本当に健康にいいのかは飲んでみないと分からないというのが現状です。
一方、ネット通販で販売している青汁は原料の産地や栽培方法をはじめ、
製造方法、含まれている成分などが事細かに掲載されていることがほとんどなので安心して飲むことができます。
価格もドラッグストアで販売している青汁よりも安いものがたくさんあります。
お財布に優しい青汁を購入するならネット通販を利用された方がいいです。

 

 

 

青汁の相場はいくら?

安い青汁を探す場合、知っておきたいのが相場です。
だいたいどのくらいの価格が平均なのか知っておかないと安いのかどうか判断できません。
そのため、安い青汁を探す前に相場を確認しておきましょう。
青汁の相場は30包1箱3000円~3300円程度だと思ってください。
コップ1杯で計算すると100円~130円くらいが相場になります。
この価格を下回っている青汁であれば、安いといっていいでしょう。
1人で飲むならまだしも家族みんなで毎日飲むとなると消費量が増えてしまい、それだけお金もかかります。
初めて購入する場合、家族がどのくらい飲むのか分からないと思うので、
いきなり定期購入するよりも通常購入やお試しセットで様子を見るようにしてください。
定期購入にすると価格が安くなりますが、一定期間は絶対に飲み続けないといけなくなるので途中でやめることができません。
それよりもすぐにやめられる通常購入やお試しセットの方がリスクが少ないです。
試しに飲んでみて自分も含めて家族が飲み続けることができそうか判断してください。
青汁はクセが強い飲み物なので人によっては飲めない可能性がありますし、商品によっても味や香りが異なります。
大人はこっちの方がいいけど子供はこっちの青汁の方がいいという場合もあるので、
複数の青汁を一度飲み比べてみるのもいいでしょう。

 

 

激安の青汁でも大丈夫なの?

安ければ安い方が家計の負担が減るので嬉しいことでは嬉しいですが、
あまりにも安いと本当に大丈夫なのか不安になることもあるでしょう。
安い青汁に対して「効果がない」「不味い」「安全性が低い」といったネガティブなイメージを持たれている方が多いと思います。
逆に高い青汁に対して「効果がある」「美味しくて飲みやすい」
「安全性が高い」といったポジティブなイメージを抱いている方が多いはずです。
しかし、これは単なるイメージであって、必ずしもそうとは限りません。 安くてもいい青汁はありますし、高くても悪い青汁はあるので、価格だけで良し悪しを決め付けるのはやめた方がいいです。
ただし、あまりにも安い青汁の場合、何かしらの欠点がある可能性も十分考えられます。
一番多いのは使用している原料です。
激安の青汁の場合、原料が国産ではなく中国などの外国産というケースが多いです。
外国産だから危険という訳ではありませんが、安心して飲めるのはやはり国産ですよね?
安全基準は満たしていますが、大なり小なり農薬や化学肥料を使用していることがあるので、気になる方は気になると思います。
そして、飲みづらいというケースも比較的多いです。
コストを安く済むために味や香りにまでお金をかけることができないというメーカーもあります。
そういった青汁を飲んでみると苦味やクセがとても強く、毎日飲むのが難しいという場合もあるでしょう。
激安青汁にはこのような欠点があるかもしれないというのを理解した上で購入してください。

 

 

安い青汁を選ぶ時の注意点

価格の安さにこだわって青汁を選ぶのは決して悪いことではありません。
むしろ、長く飲み続けるためにはとても重要なことですが、注意して選ばないと失敗してしまうことがあります。
では、安い青汁を選ぶ時、どういったことに注意すればいいのでしょうか?
まず、価格を比較する場合は1箱の値段ではなく、1杯当たりの値段で考えてください。
これは青汁によって1箱に入っている数が異なる場合があるからです。
1箱20包のものもあれば、1箱30包のものもありますし、多いものになると60包というものも存在します。
このことを考慮して比較しないと正しくどれが安いのか判断することはできません。
また同じ形状同士を比べるというのも重要です。
青汁には「粉末タイプ」「粒状タイプ」「冷凍タイプ」「ジェルタイプ」など色々な形状があります。
形状によって相場が多少異なるので、粉末タイプなら粉末タイプ、
冷凍タイプなら冷凍タイプといったように同じ形状同士を比較するようにしましょう。
そして、原料や成分にも注目してください。
どこでどのようにして育てられた原料を使用しているのか、添加物が含まれているのか、
どのような栄養素がどのくらい含まれているのかなどをチェックしましょう。
激安青汁の中には品質や安全性に不安を感じるようなものも実在します。
そういったものを飲んでも健康にいいとは言い切れないので、必ずこの2つは厳しく確認してください。
酵素ドリンクで便秘は解消できます。